2022年6月17日金曜日

ひびきの村サマープログラム、残り3人!(ひびきの村内宿泊枠)

 今年の夏のひびきの村のサマープログラム、729日から84日の大人のためのプログラム「ライアーのある暮らしのために シーズン2」の講師をいたしますが、沖縄や九州をはじめ全国より16名の参加申し込みがありました! 

 

キャンセルが1人いらっしゃるのと、新たに2部屋を用意していただいたので、あと3名、ひびきの村内宿泊での参加申し込みを受けられます。 最初の定員いっぱい情報で諦めていた方、是非再検討いただけたらと思います。

 

どこか他に宿泊してひびきの村に通う形での講座参加者も、引き続き募集中です。洞爺湖あたりの温泉宿に滞在して車で移動するなんていかがでしょうか。


また、伊達市、豊浦町など近くにお住まいの方でライアーを弾いていて、集中してライアーを学びたい方のご参加、お待ちしております。


 

参加される皆様と、ひびきの村でライアー三昧の一週間を共にできることを、楽しみにしております。


 

詳細 申し込みフォーム。 ← 詳しい情報はこちらかをどうぞ。

 

2022年4月5日火曜日

ひびきの村 サマープログラム 2022

 北海道伊達市の「ひびきの村」のサマープログラムで、今年もライアー講座をいたします。

「ライアーのある暮らし シーズン2」4月5日より早割の申し込みが始まりました。


今年のサマープログラムは、6泊7日! 7月29日(金)から8月4日(木)。


じっくり、ゆったりとライアーと向き合う時間を

ひびきの村の大自然の中、二ドムさんの美味しい食事と共に、皆様と持ちたいと思います。


今年のサマープログラム全体のテーマは、

ひびきの村サマープログラムで、7惑星・7daysを体験しよう☆」

です。


ですので、

ライアーでも、毎日その曜日の惑星と対応した音、音階も体験してみたいと思います。


もちろん、

例年のように、基本的な演奏について、ライアーについて、人智学の観点からの音楽について、楽器のメンテナスについて、日々の練習についてなどなど、お伝えいたします。

そして、一人ひとりに合ったライアーの弾き方、ご自身のライアーとの付き合い方など、初級の方から、教えている方まで、いろいろな気づきのある講座にしたいと思います。

集ったメンバーで、どのようなライアーアンサンブルが生まれるかも、楽しみです。

いろいろなレベルの方が一緒に演奏できる楽曲を用意していきます。


ひびきの村で、お目にかかりましょう!


以下、ひびきの村のHPです。

是非ご覧ください。


ライアー以外のプログラムも面白そうなものばかりですよ。


ひびきの村サマープログラム2022   (サイト内に申し込みフォームがあります。)



2021年10月12日火曜日

南沢ライアーアンサンブル ライアーコンサート&クリスマスマルシェ 2021年 12月5日(日)

12月5日(日)に、ライアーコンサートとクリスマスマルシェを開催いたします。

会場は東久留米市にある成美教育文化会館です。

ライアーコンサートは、午前はお子さんも一緒に聴いていただけるファミリーコンサート、
午後は大人向けのコンサートで小学生から聴いていただけます。

ライアー演奏は、南沢ライアーアンサンブルの8人。

クリスマス前のひと時、ライアーの響きに耳を澄ましてみませんか。


当日は、クリスマスマルシェを同時開催します。コンサートの前後、
どうぞお立ち寄りください。

クリスマスならではのもの、美味しいもの、美しいもの、ワークショップ、
盛りだくさんです。
みなさんのお越しをお待ちしています。



 

2021年9月2日木曜日

ラジオで話しました! 




北海道伊達市の「ひびきの村」のサマープログラムに、

大分から食事づくりに毎年来ているニドムの河野夫婦。


とても美味しい、体に優しいお料理です。


ニドムは、RADIO MINTAR (ラジオミンタラ)というラジオプログラムを、

毎週ネット配信しています。


そのラジオにゲスト出演いたしました!


河野時人さん(はるちゃん)とはとても気があうので、

彼に聞かれるままに、

出身校の自由学園のこと、

ライアーのこと、

自由への教育のこと、

ぬか漬け、日本酒のこと

などなどを、ゆる〜く喋っております。


1時間ほどのプログラムで、途中でかかる音楽の選曲とコメントもしています。

どんな曲がかかるかも、お楽しみに。


お聞きになる方は、以下をクリックください。

RADIO MINTAR vol.26 


ラジオミンタラのnoteには、それ以前、以降のラジオプログラムが載っていますので、

他のプログラムもとても面白いので是非聞いてみてください。

ラジオミンタラのnote 


nidomのお店のサイトも紹介します。美味しいものたくさんです!

ニドムのサイト

2021年7月8日木曜日

グンドルフ・クーン工房のキンダーハープ

 

グンドルフ・クーン工房のキンダーハープです。

小さなオーガニックなフォルムの穴のオリジナルモデルと、大きな穴のモデルの2種類。


オリジナルモデルは、ライアー全体が共鳴板なので、響きはより豊かです。

穴の大きなモデルは、枠の部分を握って持つことができるので、幼児には持ちやすく、

左手で弾くことも可能です。


どちらも、きれいな響きのキンダーハープです。


紙ケース入り、T型チューニングレンチ付属。

ご興味のある方、連絡ください。
 

2021年6月30日水曜日

新刊「キンダーハープを弾こう」

 「キンダーハープを弾こう ー子どもに関わる全ての方へー」


ゲルハルト・バイルハルツ、メヒティルト・ライアーの二人の共著のキンダーハープの入門書の日本語訳が、イザラ書房から出版されます。

私は監修者として関わりました。

ゲルハルトは、ドイツのライアーやアントロポゾフィーの音楽、音楽教育、治療教育の中心的な存在で、自分で音楽の出版社も持っています。彼は私の友人で、彼のユーモアのある姿からいつも刺激を受けています。

メヒティルトは、2012年にドイツのユーバーリンゲンで開催されたライアー世界大会で知り合いました。彼女の歌声や歌い方はとても美しく、ライアーやキンダーハープにあった、素晴らしいものでした。キンダーハープやライアーと歌について、ボーデン湖畔のカフェでいろいろ話したのを思い出します。残念ながら彼女は病気でお亡くなりになっています。

シュタイナー建築の建築家で京田辺シュタイナー学校の教師でもある伊藤壽浩さんが訳してくださった素晴らしい訳を、日本でキンダーハープを弾いている人弾こうとする人に、より分かりやすい言葉になるように、イザラ書房の村上京子さんと作業を進めました。井手芳弘さんも協力してくださいました。

そしてイラストは、みやがわよりこさん。20年前に学研から3冊本を出版しましたが、その時には素晴らしい絵を描いてくださいました。また一緒に本が作れて嬉しいです。赤羽なつみさんによる装丁はドイツ語の版とはかなり雰囲気の違う落ち着いたもので、よりこさんの絵がとてもいい感じです。

ゲルハルトから、日本の歌を入れるようにということだったので、「子ども園の歌」から私の作った5度の歌を3曲使わせていただきましたし、日本のわらべ唄も入れることにしました。

キンダーハープを実際に学校や幼児教育の現場で使われている先生たちには、キンダーハープについての新しい発見や可能性を見つけていただけると思います。

乳幼児と関わるお母さんお父さんなどにも、家でどのようにキンダーハープを使うことができるかのヒントがたくさんあります。

そして、これからキンダーハープを弾こうという方には、素晴らしい入門書です。

多くの方に手に取っていただき、キンダーハープを再認識していただけたらと思います。



2021年7月7日発売で、amazonでも購入できます。




Quiet Waters でも販売いたしますので、購入希望の方はメールください。

quietwaters1@gmail.com











2021年5月13日木曜日

2021年 ひびきの村 サマープログラム

 北海道伊達市にある「ひびきの村」のサマープログラムの第1週(7月28日(水)〜8月1日(日)に、ライアープログラムを担当します。

「ひびきの村」の自然の中で、ライアーのために作られたかのような「オイリュトミーホール」で、美味しいニドムさんの食事付きでのライアー三昧はいかがでしょうか。

タイトルは「ライアーのある暮らしのために」。

初心者から教えている上級者まで、自分のライアー演奏と向き合い、ライアーのある暮らしをより良いものにするヒントを見つけていただけたらと思っています。

参加を是非ご検討ください!




詳細、申し込みはこちら